ニート、2013年は60万人に減少、最多年齢層は30歳以上―子ども・若者白書

 6月3日、政府は2014年版「子ども・若者白書」を閣議決定しました。15~34歳の若者のうち、仕事も通学も求職もしていない「ニート」は2013年に60万人となり、2012年に比べ3万人減少したことが分かりました。15~34歳の年代が人口に占める割合は0.1ポイント減少し、2.2%でした。

 年代別での「ニート」人口統計は、15~19歳が9万人、20~24歳が15万人、25~29歳が17万人となり、30~34歳が最も多い18万人でした。

 また、子ども・若者白書では2013年11から12月に、日本、韓国、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデンの7か国の、13~29歳の男女を対象に各国千人程度にインターネット調査にて実施した、自分や家族、社会に対する意識調査の特集が掲載されました。その中で、「自分自身に満足している」と答えた日本の若者の割合は45.8%で、7か国で最も低い結果となりました。

もっと詳しく知りたい方は

無料小冊子プレゼント

(定価540円 A5 39P)を無料でお送りします。

TELで直接聞いてみたい方は、

☎:0120-987-048

なんば社会保険労務士事務所

大阪市中央区天満橋京町1-1

 大阪キャッスルホテル4F

 

代表/06-6942-3450

受付時間10~18時

 

Email:

info@namba-office.jp

 

休業日

日祝

 

対象地域

大阪市、豊中市、茨木市、高槻市、池田市

箕面市、東大阪市、大東市、八尾市

 

お気軽にご相談ください