2014年

5月

15日

医療介護の制度改正案、衆院通過へ

 衆院厚生労働委員会は5月14日、一定以上の所得がある高齢者を対象にした介護サービスの自己負担の引き上げなどを盛り込んだ医療・介護総合推進法案を、自民、公明両党の賛成多数で可決しました。15日の本会議で衆院を通過、参院に送付される見通しとなりました。

 同法案には、在宅医療推進のための医療法改正や介護保険サービスの負担増につながる介護保険法改正など合計19本の法案が盛り込まれています。年金収入280万円以上の人の介護保険の自己負担を2015年8月から現行の1割から2割に引き上げる、医療提供体制の整備に向け都道府県に基金を創設する、介護が軽度な「要支援者」向けの事業を3年かけて市町村に移管する、などが柱となっています。

もっと詳しく知りたい方は

無料小冊子プレゼント

(定価540円 A5 39P)を無料でお送りします。

TELで直接聞いてみたい方は、

☎:0120-987-048

なんば社会保険労務士事務所

大阪市中央区天満橋京町1-1

 大阪キャッスルホテル4F

 

代表/06-6942-3450

受付時間10~18時

 

Email:

info@namba-office.jp

 

休業日

日祝

 

対象地域

大阪市、豊中市、茨木市、高槻市、池田市

箕面市、東大阪市、大東市、八尾市

 

お気軽にご相談ください